小松謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年10月5日 (月) 21:52; 118.21.29.223 (会話) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

小松 謙(こまつ けん、1959年4月 - )は、中国文学者京都府立大学教授。テレビプロデューサー小松純也は弟。

兵庫県西宮市生まれ。1982年京都大学文学部中国文学科卒、1987年同大学院博士課程中退、2001年「中国白話文学研究」で文学博士。1987年富山大学教養部講師、1989年助教授、1992年京都府立大学文学部助教授、2002年教授。1996年第六回蘆北賞、1998年東方学会賞、2001年日本中国学会賞受賞。

著書[編集]

  • 中国歴史小説研究 汲古書院 2001.1(汲古選書)
  • 中國古典演劇研究 汲古書院 2001.10
  • 「現実」の浮上 「せりふ」と「描写」の中国文学史 汲古書院 2007.1
  • 「四大(しだい)奇書」の研究 汲古書院 2010.11

共編著[編集]

参考[編集]

  • 著書に付された著者紹介