大草村 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Ecchbz (会話 | 投稿記録) による 2021年1月19日 (火) 05:19個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
おおくさむら
大草村
廃止日 1950年4月1日
廃止理由 新設合併
大草村野田村登美丘町
現在の自治体 堺市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
南河内郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 日置荘村、野田村、狭山村泉北郡東陶器村、堺市
大草村役場
所在地 大阪府南河内郡大草村大字草尾
座標 北緯34度31分19秒 東経135度31分45秒 / 北緯34.522度 東経135.52903度 / 34.522; 135.52903座標: 北緯34度31分19秒 東経135度31分45秒 / 北緯34.522度 東経135.52903度 / 34.522; 135.52903
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

大草村(おおくさむら)は、かつて大阪府にあったである。現在の堺市東区の一部にあたる。

歴史

  • 1889年明治22年)4月1日 丹南郡関茶屋新田、高松新田[1]、草尾新田が合併して、丹南郡大艸村が発足。大字草尾新田に村役場を設置。村名は、この地の新田開発前の地名「大野の芝」と、三新田で最も人口の多かった「草尾新田」を合わせたもの。
  • 1896年(明治29年)4月1日 南河内郡が成立。
  • 1905年(明治38年)5月20日 大艸村が村名を大草村に改称する。これは、村発足の際に「草」字を誤記して「艸」としてしまったのを改めたもの。
  • 1910年(明治43年) 大字関茶屋新田、高松新田、草尾新田を関茶屋、高松、草尾に改称。
  • 1931年昭和6年)頃 大字草尾より大美野を分立。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 野田村と合併して、南河内郡登美丘町となる。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 現在の堺市東区中茶屋。登美丘町発足時、野田村の高松との混同を避けるため改称。