エミール・クラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年7月26日 (日) 02:10; Ryota7906 (会話 | 投稿記録) による版 (→‎略歴)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
エミール・クラウス
Emile Claus
Emilme Claus.Portret.jpg
生誕1849年9月27日
ベルギー,ワレヘム
死没1924年6月14日
ベルギー,Astene

エミール・クラウス(Emile Claus、1849年9月27日 - 1924年6月14日)はベルギーの画家である。印象派のスタイルや新印象派のスタイルの画家の一人である。

略歴[編集]

ベルギーのウェスト=フランデレン州ワレヘムの食料品商人の家に生まれた。地元の美術学校で学んだ後、20歳になった1869年にアントウェルペン王立美術学校に入学し、風景画家のヤコブ・ヤコブス(Jacob Jacobs)らに学んだ。1974年に美術学校を卒業し、1875年のヘントの展覧会、1876年のブリュッセルの展覧会に出展し、高く評価された。初期には暗い色調のスタイルの人物画や風俗画を描いていた。1879年にスペインモロッコアルジェリアを旅した。1882年にサロン・ド・パリに作品を出展し、成功をおさめ、パリでの活動することが多くなった。自然主義の画家、ジュール・バスティアン=ルパージュに影響を受けた。

画家として、経済的に安定し1883年にウェスト=フランデレン州のダインゼに近いアステネに邸を買い、この時期は故郷の風景画などを多く描き、多くのベルギーの芸術家と交流した。フランスの印象派の画家、特にクロード・モネの影響を受け、作品のスタイルが変化した。

第一次世界大戦までは多くの学生の指導も行い、教えた学生にはアンナ・デ・ウェールト、ジョルジュ・モレン、レオン・ド・スメットや児島虎次郎がいた。弟子の一人ジェニー・モンチニーとは後に愛人の関係になった。第一次世界大戦で、ベルギーがドイツ軍の侵攻をうける前にイギリスにロンドンに移り、ロンドンの風景を新印象派のスタイルで描き、これも人気を得た。戦争が終わった後、アステネに戻り、1924年に亡くなった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Ausstellungskatalog Waregem: Retrospektieve Emile Claus. Gemeentekrediet, Brüssel 1985.
  • Götz Czymmek: Guillaume Vogels und Emile Claus, zwei belgische Impressionisten. Ausstellungskatalog Wallraf-Richartz-Museum, Köln 1988.
  • Götz Czymmek (Hrsg.): Landschaft im Licht, impressionistische Malerei in Europa und Nordamerika. Ausstellungskatalog Wallraf-Richartz-Museum, Köln 1990.
  • Ghida Khairallah: Belgian paintings, 1880—1930. Whitford and Hughes, London 1990.
  • Johan De Smet: Emile Claus. Snoeck-Ducaju, Gent 1997, ISBN 90-5325-070-0.