420 (大麻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

4204:20若しくは4/20(フォー・トゥエンティ, four-twenty)は、大麻を表すスラングアメリカ合衆国大麻のカルチャーにおいて、420という番号は、大麻の消費と関連して用いられる。

概要[編集]

言葉の正確な由来は不明。日本においてもヘッドショップ[1]などで取り扱われている、大麻に関連したさまざまなグッズで、この番号を見ることができる。一例として、日本のチェーン展開しているヘッドショップの店名は「four-twenty」である。

由来[編集]

420の言葉の由来については、現在も多くの論争の対象になっている(英語版のノートを参照)。しかしこの用語は、1970年代前半にはアメリカで一的に使用されるようになっていたとされる。1970年代初め、カリフォルニア州サンラフェル (San Rafael) のサン・ラフェル高校の生徒の集団が、毎日放課後の午後4時20分、大麻を吸う目的でルイ・パスツールの銅像の前で会っていた。この時間に由来しているという説がもっとも広く受け入れられている[2][3]。2017年になり当時の生徒本人にHuffing Postがインタビューを行い、その詳細が初めて語られた[4]。インタビューによると、彼らはWaldosと自らを呼び、みな何らかの運動部に所属する学生だった。また彼らが4時20分に集まっていたのは大麻を吸うためではなく、沿岸警備隊が密かに育てている大麻草を横取りするための捜索に出発するためだった[5]。また、アメリカの警察用語(パトカー)において、大麻薬事犯を「420」というコードを使って無線で交信するため、このことが由来となっているという説もある。

マリファナデー[編集]

アメリカやカナダの大麻使用者は、420を由来として、毎年4月20日にマリファナを摂取し祝うために集うことから、同日をマリファナデーと呼ばれる。2012年のバンクーバーの例では金融街を中心にデモも行われ、主要な道路が封鎖される規模となった[6]

脚注[編集]

  1. ^ 大麻に関わるグッズを販売している店。大麻は売っていない。
  2. ^ 420 (Language)”. Snopes.com - Urban Legends Reference Pages (2005年4月19日). 2007年3月30日閲覧。
  3. ^ 420 Timeline”. High Times (2005年). 2007年3月30日閲覧。
  4. ^ Grim, Ryan (2010年4月20日). “420 Meaning: The True Story Of How April 20 Became 'Weed Day'” (英語). Huffington Post. https://www.huffingtonpost.com/2010/04/20/420-meaning-the-true-stor_n_543854.html 2018年4月14日閲覧。 
  5. ^ “420 意味は?由来は?日本語でWikipediaより詳しく解説! - Hepopa.com” (英語). Hepopa.com. (2018年3月14日). http://hepopa.com/420-slang-origin-and-history/ 2018年4月14日閲覧。 
  6. ^ “北米でマリファナデー、各地でデモや大麻パーティー”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年4月21日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2873052/8823264?ctm_campaign=txt_topics 2012年4月21日閲覧。 

外部リンク[編集]

  • 英語スラング - 420の意味や由来についてのさまざまな考察
  • Hepopa.com - 420 意味は?由来は?日本語でWikipediaより詳しく解説