4-クマル酸CoAリガーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
4-クマル酸CoAリガーゼ
識別子
EC番号 6.2.1.12
CAS登録番号 37332-51-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBj PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

4-クマル酸CoAリガーゼ(4-Coumarate-CoA ligase、EC 6.2.1.12)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

ATP + 4-クマル酸 + CoA\rightleftharpoonsAMP + 二リン酸 + 4-クマル酸酸CoA

従って、この酵素の3つの基質はATP4-クマル酸CoA、3つの生成物はAMP二リン酸4-クマル酸CoAである。

この酵素は、リガーゼ、特に酸-チオールリガーゼに分類される。系統名は、4-クマル酸:CoAリガーゼ(AMP生成)である。その他よく用いられる名前に、4-coumaroyl-CoA synthetase、p-coumaroyl CoA ligase、p-coumaryl coenzyme A synthetase、p-coumaryl-CoA synthetase、p-coumaryl-CoA ligase、feruloyl CoA ligase、hydroxycinnamoyl CoA synthetase、4-coumarate:coenzyme A ligase、caffeolyl coenzyme A synthetase、p-hydroxycinnamoyl coenzyme A synthetase、feruloyl coenzyme A synthetase、sinapoyl coenzyme A synthetase、4-coumaryl-CoA synthetase、hydroxycinnamate:CoA ligase、p-coumaryl-CoA ligase、p-hydroxycinnamic acid:CoA ligase、4CL等がある。

この酵素は、フェニルプロパノイドの生合成に関与している。

出典[編集]

  • Gross GG, Zenk MH (1974). "Isolation and properties of hydroxycinnamate: CoA ligase from lignifying tissue of Forsythia". Eur. J. Biochem. 42 (2): 453–9. doi:10.1111/j.1432-1033.1974.tb03359.x. PMID 4364250. 
  • Lindl T, Kreuzaler F, Hahlbrock K (1973). "Synthesis of p-coumaroyl coenzyme a with a partially purified p-coumarate:CoA ligase from cell suspension cultures of soybean (Glycine max)". Biochim. Biophys. Acta. 302 (2): 457–64. PMID 4699252.