4輪アクティブステア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

4輪アクティブステア(よんりんアクティブステア)とは、日産自動車が開発した四輪操舵システム。略称は4WAS (4 Wheel Active Steer) 。

概要[編集]

日産の四輪操舵システムである、「HICAS」、「Super HICAS」、「リアアクティブステア」をさらに進化させたシステム。低速では切れ角を増やすことで取り回しを良くし、中速域および高速域では安定性を保ち、スムーズに走ることができる。

ちなみに「4WAS」の名称は、アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)として日本の全自動車メーカーで名称統一される以前、独自に 4 Wheel Anti Skid の略称として日産で使われていたことがある。

制御[編集]

低速時(約10-40km/h)
ステアリングの舵角に対して前輪を大きく曲げる。後輪は操舵しない。
中速時(約40-80km/h)
ステアリングの舵角に対して前輪をやや大きく曲げる。後輪は同位相方向へ少し曲げる。
高速時(約80km/h-)
ステアリングの舵角に対して前輪を小さく曲げる。また、前輪の操舵角を算出しながら、後輪も同位相方向に大きく曲げる。

搭載車種[編集]

参考文献[編集]

  • PASSION of SKYLINE(V36スカイラインクーペの試乗案内に同封された冊子)

関連項目[編集]