コンテンツにスキップ

3人の逃亡者/銀行ギャングは天使を連れて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
3人の逃亡者/銀行ギャングは天使を連れて
Les Fugitifs
監督 フランシス・ヴェベール
脚本 フランシス・ヴェベール
製作総指揮 ジャン=ジョゼ・リシェール
出演者 ジェラール・ドパルデュー
ピエール・リシャール
音楽 ウラディミール・コスマ
撮影 ルチアーノ・トヴォリ
配給 フランスの旗 ゴーモン
公開 フランスの旗 1986年12月17日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 90分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
興行収入 フランスの旗4,496,827 entrées[1]
テンプレートを表示

3人の逃亡者/銀行ギャングは天使を連れて』(原題:Les Fugitifs)は、1986年制作のフランスクライムコメディ映画フランシス・ヴェベール監督、ジェラール・ドパルデュー主演。日本では劇場未公開。

あらすじ

[編集]

ジャンはかつてプロの銀行強盗であったが服役中に改心し、5年の刑期を終え出所、これからは真面目な人生を歩んでいこうと決意、銀行口座を開きに銀行へ向かう。

するとそこへ、失業を苦にした素人強盗のフランソワが乗り込んできて、ジャンは人質にとられてしまう。警察はもちろんジャンの犯行だと思い込んでいた。

フランソワはジャンは人質に逃走しようとするが、その際誤ってジャンの足を撃ってしまう。それでも何とかフランソワの家に逃げ込んだ2人。するとそこには、フランソワの幼い娘ジャンヌがいた。彼女は母親の失踪以来、言葉を一言も発さなくなっていた。フランソワ父娘の身上に同情したジャンは、彼らを連れて逃亡することに。

キャスト

[編集]

リメイク

[編集]

1989年にハリウッドで『3人の逃亡者』としてリメイクされた。オリジナル版と同じフランシス・ヴェベールが監督と脚本を担当した。ただし、オリジナル版と結末が異なる。

脚注

[編集]
  1. ^ Les Fugitifs (1986)- JPBox-Office”. 2021年11月6日閲覧。

外部リンク

[編集]