2022年カンジュルハン・スタジアムの悲劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2022年カンジュルハン・スタジアムの悲劇
Kanjuruhan Stadium - panoramio.jpg
暴動の現場となったカンジュルハン・スタジアム(2010年撮影)
日付2022年10月1日 (2022-10-01)
場所インドネシアの旗 インドネシア東ジャワ州マラン県インドネシア語版
カンジュルハン・スタジアム
座標南緯8度9分2秒 東経112度34分23秒 / 南緯8.15056度 東経112.57306度 / -8.15056; 112.57306
死者133人
負傷者547人

2022年カンジュルハン・スタジアムの悲劇(2022ねんカンジュルハン・スタジアムのひげき)は、2022年10月1日インドネシアカンジュルハン・スタジアムで行われたサッカーの試合後に発生した暴動であり[1]、サッカー史上では1964年に発生したエスタディオ・ナシオナルの悲劇に次いで、2番目に死者数が出た事件である。

経緯[編集]

インドネシアではサッカーはバドミントンと並ぶ国民的スポーツであり、各地にプロチームと熱狂的なファンがいる[2]。その為、サッカーの試合で暴力行為が見られるのは目新しくは無い[3]

暴動が発生した東ジャワ州マラン県インドネシア語版で2022年10月1日、リーガ1の試合が行われた。

試合を巡っては、長年のライバル関係にあるアレマFCペルセバヤ・スラバヤ英語版のサポーターの衝突を防ぐ目的で、ペルセバヤ・スラバヤのサポーターはチケットの購入を禁止されていた[3]。しかし、政治・法務・治安担当調整大臣英語版マフッド・MDインドネシア語版は、3万8000人を収容する筈だったこの試合で4万2000枚のチケットが販売されていたとInstagramに投稿した[3]

アレマFCはこの試合で、宿敵のペルセバヤ・スラバヤの山本奨に決勝点を許し2-3で敗れた[4]。アレマFCの本拠地であるマラン県でここ20年以上無かった敗戦を喫し、アレマFCのサポーターがグラウンドに侵入した[4][5]。サポーター同士の乱闘を止める為に警察官2名が死亡した為、警察が催涙剤を発射した後に暴動が起きた[6]

死傷者[編集]

133人が死亡し、547人が負傷した[7]。その多数が呼吸困難による窒息死や圧死であり、催涙剤を発射されてパニックになった観客が、武器を持った警察官から逃げようとして一斉に出口に殺到したことで、多数の死者を出す要因となった[1][6]

余波[編集]

国際サッカー連盟は、試合会場で警備員や警察官が「群衆を統制する為のガス」の携行したり使用したりしてはならないと定めている[3]

インドネシアサッカー協会はリーグの全試合を1週間中断し、アレマFCの今シーズン中のホームゲーム開催を禁止した[4]。加えて、事故の原因を究明する為に調査チームをマランに送ると発表している[4]。今回の出来事は「インドネシアサッカーの顔に泥を塗った。」とも付け加えた[3]

インドネシア大統領ジョコ・ウィドドは、調査中はサッカーの国内トップリーグの全試合を中止するように命じた[3]

処分[編集]

国家警察は6日、催涙ガスを使用した警察官3人や試合主催委員会の責任者、地元チーム警備責任者などを業務上過失致死の容疑で刑事訴追すると発表した[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]