2011年ピューリッツァー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2011年ピューリッツァー賞(2011ねんピューリッツァーしょう)は、2011年4月18日[1]に発表された第95回目のピューリッツァー賞である。

受賞[編集]

2011年の報道部門の受賞者[2]
部門 受賞者 所属 内容
公益 ロサンゼルス・タイムズ 市長や警察署長がお手盛りで高給を得ていたカリフォルニア州ベル市のスキャンダル
速報報道 なし
調査報道 Paige St. John the Sarasota Herald-Tribune フロリダの住宅保険システムの問題
解説報道 Mark Johnson、Kathleen Gallagher、Gary Porter、Lou Saldivar、Alison Sherwood the Milwaukee Journal Sentinel 難病の男の子を助ける遺伝子治療の解説
地方報道 Frank MainMark Konkol、John J. Kim シカゴ・サンタイムズ 沈黙の掟が広がるシカゴ近隣の暴力問題
全国報道 Jesse Eisinger、Jake Bernstein ProPublica 国を経済崩壊させたウォール街による疑わしい慣行をデジタルツールを使って説明
海外報道 Clifford J. LevyEllen Barry ニューヨーク・タイムズ ロシアの司法制度の問題
特集記事 Amy Ellis Nutt The Star-Ledger 大西洋で沈んだ漁船の謎
論説 David Leonhardt ニューヨーク・タイムズ 財政赤字から医療保険制度改革まで、複雑な経済問題を論説
批評 Sebastian Smee ボストン・グローブ 芸術批評
社説 Joseph Rago ウォール・ストリート・ジャーナル 医療保険制度改革
時事漫画 Mike Keefe The Denver Post
速報写真 Carol Guzy、Nikki Kahn、Ricky Carioti ワシントン・ポスト ハイチ地震
特集写真 Barbara Davidson ロサンゼルス・タイムズ ギャングの銃撃戦に巻き込まれ無差別に犠牲となる市民達
2011年の文学芸能部門と音楽部門の受賞者[2]
部門 受賞者 作品 備考
フィクション Jennifer Egan A Visit From the Goon Squad
(暴力集団グーン・スクワッドからの来訪)
ISBN 978-0307592835
戯曲 Bruce Norris Clybourne Park
(クライボーヌ公園)
歴史書 Eric Foner The Fiery Trial: Abraham Lincoln and American Slavery
「業火の試練: エイブラハム・リンカンとアメリカ奴隷制」
ISBN 978-0393066180
ISBN 978-4560082898
伝記・自叙伝 Ron Chernow Washington: A Life
ジョージ・ワシントンの人生)
ISBN 978-1594202667
Kay Ryan 「The Best of It: New and Selected Poems」
(最善: 新しく厳選された詩集)
一般ノンフィクション Siddhartha Mukherjee The Emperor of All Maladies: A Biography of Cancer
(病の皇帝: の伝記)
ISBN 978-1439107959
音楽 Zhou Long Madame White Snake
白蛇夫人)

脚注[編集]

  1. ^ COLUMBIA UNIVERSITY ANNOUNCES 95th ANNUAL PULITZER PRIZES IN JOURNALISM, LETTERS, DRAMA AND MUSIC”. The Pulitzer Prizes (2011年4月18日). 2014年4月17日閲覧。
  2. ^ a b 2011 Winners and Finalists”. The Pulitzer Prizes. 2014年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]