2010年ウィンブルドン選手権女子ダブルス招待部門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2010年ウィンブルドン選手権
優勝 アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ
チェコの旗 ヤナ・ノボトナ
準優勝 アメリカ合衆国の旗 トレーシー・オースチン
アメリカ合衆国の旗 キャシー・リナルディ・スタンケル
試合結果 7–5, 6–0
部門
シングルス 男子女子
ダブルス 男子女子混合
ウィンブルドン選手権
女子ダブルス招待部門
2009 ◄◄ 2010 ►► 2011
2010年 グランドスラム
女子ダブルス招待部門

マルチナ・ナブラチロワ&ヤナ・ノボトナ組がトレーシー・オースチン&キャシー・リナルディ・スタンケル組を7–5,6–0のストレートで下し優勝した。

ドロー表[編集]

略語の意味[編集]

決勝[編集]

決勝
   アメリカ合衆国の旗 トレーシー・オースチン
 アメリカ合衆国の旗 キャシー・リナルディ・スタンケル
5 0  
   アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ
 チェコの旗 ヤナ・ノボトナ
7 6  

グループ A[編集]

  アメリカ合衆国の旗 オースチン
アメリカ合衆国の旗 スタンケル
スイスの旗 ヒンギス
ロシアの旗 クルニコワ
イギリスの旗 ホッブス
イギリスの旗 スミス
チェコの旗 スコバ
ハンガリーの旗 テメシュバリ
勝敗
W–L
セット
W–L
ゲーム
W–L
順位
アメリカ合衆国の旗 トレーシー・オースチン
アメリカ合衆国の旗 キャシー・リナルディ・スタンケル
7–5, 7–6(4) 6–2, 6–1 6–4, 6–2 3-0 6-0 38-20 1
スイスの旗 マルチナ・ヒンギス
ロシアの旗 アンナ・クルニコワ
5–7, 6–7(4) 6–2, 6–4 6–1, 6–4 2-1 4-2 35-25 2
イギリスの旗 アン・ホッブス
イギリスの旗 サマンサ・スミス
2–6, 1–6 2–6, 4–6 5–7, 2–6 0-3 0-6 17-37 4
チェコの旗 ヘレナ・スコバ
ハンガリーの旗 アンドレア・テメシュバリ
4–6, 2–6 1–6, 4–6 7–5, 6–2 1-2 2-4 24-31 3


グループ B[編集]

  イギリスの旗 クロフト
ブルガリアの旗 マレーバ
南アフリカ共和国の旗 クロス
アメリカ合衆国の旗 ニデファー
スペインの旗 マルチネス
フランスの旗 トージア
アメリカ合衆国の旗 ナブラチロワ
チェコの旗 ノボトナ
勝敗
W–L
セット
W–L
ゲーム
W–L
順位
イギリスの旗 アナベル・クロフト
ブルガリアの旗 マグダレナ・マレーバ
6–4, 6–1 4–6, 4–6 6–7(4), 2–6 1-2 2-4 28-30 3
南アフリカ共和国の旗 イラナ・クロス
アメリカ合衆国の旗 ロザリン・ニデファー
4–6, 1–6 4-6, 1-6 3–6, 1–6 0-3 0-6 14-36 4
スペインの旗 コンチタ・マルチネス
フランスの旗 ナタリー・トージア
6–4, 6–4 6–4, 6–1 5–7, 1–6 2-1 4-2 30-26 2
アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ
チェコの旗 ヤナ・ノボトナ
7–6(4), 6–2 6–3, 6–1 7–5, 6–1 3-0 6-0 38-18 1

決勝進出ペアは以下の順で決定する by: 1) 勝敗順位; 2) 試合数 3) 以上が同じペアが2組存在した場合、両ペアの直接対決で勝っているペア 4) 3組が並んだ場合、セット数かゲーム数の獲得割合で1位となったペア; 5) 全試合終了後これ以外の理由で決勝進出ペアが確定していない場合、大会運営委員会が別途裁定を行う。

外部リンク[編集]