1875年の憲法的法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1875年7月16日の憲法的法律の原本と印章

1875年の憲法的法律フランス語: Lois constitutionnelles de 1875)は、1875年2月から7月にかけてフランス国民議会フランス語版で可決され、第三共和政を確立した3つの憲法的法律である(それまでは、リヴェ法 (fr:loi Rivetや1873年11月20日法 (fr:loi du 20 novembre 1873といった、限定的問題に対処する立法により、大枠が規律されていたにすぎなかった)。

全部で3つの法律共和政体を規律した。

  • 元老院の組織に関する1875年2月24日の憲法的法律
  • 公権力の組織に関する1875年2月25日の憲法的法律
  • 公権力の関係に関する1875年7月16日の憲法的法律

これらの3つの法律は後に若干修正された。これらは正式な憲法典の形を取らずにフランス共和政体を規律した最初で最後の法規範であるが、単に「1875年憲法(Constitution de 1875)」と呼びならわされている。

これらは、法理上は1946年10月27日憲法の公布まで存続したが、事実上は1940年7月10日(この日、ペタン元帥への憲法制定の全権委任の投票フランス語版が行われ、1940年7月10日の憲法的法律の定めるところにより改めて新憲法を制定すべき旨が議決されたが、新憲法が日の目を見ることはなかった)から第四共和政憲法の公布まで施行が停止された。1945年11月2日の憲法的法律臨時政府を規律し、その施行までの間、1875年の憲法的法律の効力を維持した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 山本, 浩三「第三共和国憲法(訳)」『同志社法學』10巻(2号)、同志社法學會、91-96頁、1958年8月20日、NAID 110000400890

関連項目[編集]