16世紀のシャンソンによる変奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

16世紀のシャンソンによる変奏曲』(じゅうろくせいきのシャンソンによるへんそうきょく、Variations on a 16th Century Chanson)は、諏訪雅彦が作曲した2009年度全日本吹奏楽コンクールの課題曲。

「若い娘」(Une jeune fillette)のタイトルで知られる16世紀フランスシャンソンを主題とする5つの変奏からなる変奏曲として書かれている。

Var.Ⅳ,leggiero(軽快に)と、古語が指定[1]されているが、現代イタリア語ではleggeroである。

編成[編集]

編成は以下のとおり。イタリック体 はオプションパートである。オーボエ、ファゴット、コントラバスはオプションでない。作曲者は「小編成で演奏されるべき」と異例の注釈を示した。

編成表
木管 金管
Fl. 2, Picc. Tp. 3 Cb. 1
Ob. 1 Hr. 3 4 Timp. 1
Fg. 1 Tbn. 3 テナードラム

バスドラムアンティークシンバル (無い場合グロッケンシュピール)、 ヴィブラフォン (コントラバスの弓により奏する。)

Cl. 3, E♭ 1, Alto1, Bass Eup. 1
Sax. Alt. 2 Ten. 1 Bar. 1Tub.1

脚注[編集]

  1. ^ 16 世紀のシャンソンによる変奏曲/諏訪雅彦”. www.winds-score.com. 2019年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]