黒之瀬戸大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道389号標識
黒之瀬戸大橋
Kuronoseto Ohashi.jpg
1974年の黒之瀬戸大橋建設中の頃の航空写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成Kuronoseto bridge.JPG長島町側から撮影。対岸は阿久根市。
基本情報
日本の旗 日本
所在地 鹿児島県阿久根市 - 出水郡長島町
交差物件 黒之瀬戸
建設 1974年
構造諸元
形式 鋼トラス
全長 502.0m
7m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

黒之瀬戸大橋(くろのせとおおはし)は鹿児島県阿久根市と鹿児島県出水郡長島町の間にある黒之瀬戸日本三大急潮)に架かる自動車・バイク用道路と歩行者専用通路を設けた橋。

島民の長い間の念願だった。橋が架かる前は、定期船での往来しか方法はなかった。1974年4月9日日本道路公団による一般有料道路として供用されたが[1]1990年9月21日に無料開放された。

概要[編集]

  • 形式:鋼トラス
  • 橋の長さ:502.0m
  • 最大支間:300m
  • 色:薄いブルー
  • 完成年月:1974年昭和49年)4月
  • 道路形式:一般国道389号(無料)
  • 管理者:鹿児島県

沿革[編集]

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 日本道路公団 『日本道路公団三十年史』、1986年