黄世得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
黄世得
各種表記
ハングル 황세득
漢字 黄世得
発音: ファン・セドゥク
日本語読み: こう せいとく
テンプレートを表示

黄世得(こう せいとく、ファン・セドゥク、朝鮮語: 황세득1537年 - 1598年)は、李氏朝鮮武将朝鮮氏族星州黄氏の始祖である。

中国後漢の重臣だった黄洛は、光武帝時代の28年に使臣としてベトナムに赴く途中に海上で遭難し新羅に漂着・帰化した。黄洛の子孫で高麗時代に上柱国の官職を務めた黄石柱の17代子孫が黄世得である。黄世得は、李氏朝鮮宣祖時代に武科に及第、長興府使を務め、壬辰倭乱の際には、李舜臣の傘下として戦闘に参加、武功を挙げた。

参考文献[編集]