麻布十番温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

麻布十番温泉(あざぶじゅうばんおんせん)は、かつて東京都港区麻布十番にあった温泉である。2008年平成20年)3月をもって廃業した。

廃業時の外観。後に取り壊された

概要[編集]

入口。ここから階段で3階に上る
閉店のお知らせ

麻布十番温泉は麻布十番商店街の西のはずれにあった温泉浴場で、実際には日帰り入浴施設「麻布十番温泉」と、温泉銭湯「越の湯」という二つの施設が同一のビルで営業されていた。両施設は5階建てのビルの1階と3階に分かれており、1階が越の湯、3階が麻布十番温泉であった。越の湯が一般的な銭湯の形態だったのに対して、麻布十番温泉には宴会場などが併設されていた。

温泉の開湯は1949年昭和24年)であり、地下500メートルまでボーリングを実施して開発された。ふたつの温泉施設が入居していた建物は1967年昭和42年)に竣工し、廃業時まで同一のままであった。

東京都内にある数少ない温泉のひとつとして知られ、テレビ番組などにもしばしば登場した。過去にはタモリビートたけし片岡鶴太郎ら多くの芸能人がこの施設で番組の収録を行っている。

開業当初は1日100人以上の客が訪れていた麻布十番温泉であったが、後年にはピーク時の30%ほどに利用者が減少していた。経営者の高齢化及び後継者不在、施設老朽化に加え、新規開業した温泉レジャー施設との競合等から、麻布十番温泉は「越の湯」とともに2008年平成20年)3月31日を持って廃業[1]、ビルは取り壊され、2010年平成22年)7月現在、跡地は駐車場として利用されている。

住所[編集]

  • 東京都港区麻布十番 1-5-22

泉質[編集]

  • 重曹泉(ナトリウム炭酸水素塩泉)
    • 源泉温度24℃
    • 透明度の低い黒褐色の源泉(黒湯

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 麻布十番温泉、廃業へ……』 産経新聞 2008年3月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]