鹿野伸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿野 伸二(かの しんじ、1959年5月4日 - )は、日本裁判官最高裁判所調査官や、名古屋家庭裁判所所長等を経て、名古屋高等裁判所部総括判事。

人物・経歴[編集]

福岡県大牟田市出身[1]九州大学卒業後[2]、1985年に裁判官に任官し、主に刑事事件を扱った[3]最高裁判所調査官東京地方裁判所部総括判事を経て[4]、2014年東京家庭裁判所部総括判事。2015年広島家庭裁判所長。2018年から名古屋家庭裁判所長を務め[3]、文書を書き換えた裁判所書記官に対し、国家公務員法に基づく懲戒処分を行い退職させるなどし、再発防止にあたった[5]。2019年名古屋高等裁判所部総括判事[6]

裁判[編集]

著書[編集]

出典[編集]

先代:
萩原秀紀
名古屋家庭裁判所長
2018年 - 2019年
次代:
戸田久