鹿の子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鹿の子(かのこ)とは、

  1. 鹿の子供のこと。夏の季語
  2. 鹿の子足(かのこあし)の略で、馬の歩み方の一種。

また、鹿の背のように斑点が散在する様を指して伝統的に鹿の子斑(かのこまだら)と呼び、この含意による用法がいくつか存在する。

  1. 上記鹿の子斑の略。
  2. 鹿の子絞り(かのこしぼり)の略。伝統的な絞り染めの柄の一種。
  3. 鯨肉鹿の子あごからほほにかけての周辺の肉で、鹿の子状に脂肪の中に筋肉が散り霜降り状のもの。
  4. 鹿の子餅の略。和菓子の一種。

その他以下のように「鹿の子」を戴く言葉は多数ある。