イットウダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イットウダイ
IttoDI.jpg
イットウダイ Sargocentron spinosissimum
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: キンメダイ目 Beryciformes
亜目 : キンメダイ亜目 Holocentrinae
: イットウダイ科 Holocentridae
: イットウダイ属 Sargocentron
: イットウダイ S. spinosissimum
学名
Sargocentron spinosissimum (Temminck&Schlegel,1844)
和名
イットウダイ
英名
North Pacific squirrelfish

イットウダイ(一等鯛・一刀鯛、学名:Sargocentron spinosissimum) はキンメダイ目イットウダイ科に属する魚類の一種。カノコウオとも呼ばれる。

生態[編集]

南日本の太平洋沿岸〜台湾に分布しているが、ハワイからも報告が上がっている。やや深い岩礁域に生息している。夜行性で、底生生物を捕食している。

形態[編集]

体長25cm[1]。赤い体色に9〜10本の白い縦縞がある。頭部には1本の白い横縞がある。側線有孔鱗数は35〜38である。鰓蓋の後方に1本の棘があり、これが「一刀鯛」の名前の由来とされる。鱗が非常に硬い。

人間との関係[編集]

鱗が非常に固く、調理しにくいが食用になる。

脚注[編集]

  1. ^ Sargocentron spinosissimum”. FishBase. 2022年8月23日閲覧。

関連項目[編集]