魔術師2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
魔術師²から転送)
移動: 案内検索
本来の表記は「魔術師2」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

魔術師²』(マジシャンスクエア)は岡野剛の漫画。「週刊少年ジャンプ」(集英社)2001年36号から2001年51号まで連載。全2巻。岡野が真倉翔とのコンビ解消後、初の作品である。プロマジシャン北見マキ監修による、手品をテーマとした作品。

本作は人気はさほど振るわないまま打ち切りとなり、岡野の前作『ツリッキーズピン太郎』より短命に終わった。尤も、作中に置かれた伏線は、急ぎ足であるもののきちんと回収されており、一つの作品としてはしっかりと完結している。

登場人物[編集]

人物の名前は平家物語をモチーフとしている。

天台ムサシ(てんだい - )
力とスタミナだけが取り柄の男で喧嘩早い。手先は不器用だが手品が大好きで、子供の頃見たショーに感銘を覚え、その時助けた少女(実は女装したクロードだった)に恋心を抱き、彼女に会いたい思いで手品を始めるようになった。名前の由来は、天台宗の僧坊であった武蔵坊弁慶から。このキャラの幼少版が次回作で使われている。
クロード=ホーガン(クロード=ハッティマン)
ムサシの中学校に転入してきた美少年で、華奢な体つきのために女性と間違えられることが多い。また、女装が得意であり、幼少の頃から現在に至るまでムサシを完全に惑わせてしまい、作中で彼とキスまで交わしている。その行動はボーイズラブを思わせたが、最終回で恋人が転校してくることで疑惑は解消された。元は世界的なマジシャン、ヨシュア=ハッティマンの息子だったが、マジックショーで失敗し死亡(本人は事故死だと思っていたが、実際は違っていた)、以後はアジャーリ・ホーガンという男の養子となり、奴隷同様に扱われたことで、心に傷を負っていた。名前の由来は九郎判官源義経、父親の名は八幡太郎源義家から(義経の父は源義朝だが、岡野が義朝を嫌っていたため)。
美輪法子(みわのりこ)
ムサシのクラスに転校してきた関西生まれの少女。作中のヒロイン。かなりがめつい性格。ムサシ、クロードのマネージャー役を請け負う。名前の由来は琵琶法師から。
藤原陸奥五郎(ふじわらむつごろう)
陸奥町に大邸宅を構える大地主。クロードは彼の家に居候していたが、同時に彼の存在を匿っていた張本人でもある。モデルは藤原秀衡
ちなみに彼がクロードのパートナー選抜試験で用いた課題の一つに、「鼻でスパゲティを食べる」(大長編ドラえもんのび太の恐竜』が元ネタ)がある。
カミーユ・ノートン
クロードのライバル。超能力者を名乗る少年魔術師で、ピアノ線の使い手。クロードの父親を、事故を装って殺したことで、その復讐を懼れたあまり、彼を敵視していた。最終的に豪華客船ダン・ノーラ(モデルは壇ノ浦)号と一緒に海の藻屑となる。名前の由来は義経のライバルであった能登守平教経。このキャラも次回作で使われている。
吉野シズカ
クロードを慕ってムサシの通う中学校に転入してくる長髪の美少女。小さなショー会社の娘で、見かけによらず運動神経は抜群。名前の由来は静御前から。レギュラーキャラ(予定)でありながら最終回にしか登場しなかった。作者はキャラクター解説の項目で、「女の子を中心に作品を描いていきたかった」と語っている。この作品の次回作のヒロイン(名前は違う)として登場している。