高橋直樹 (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 直樹(たかはし なおき、1950年7月26日[1] - )は日本政治学者東京大学名誉教授。専攻は、イギリス政治史、比較政治学

略歴[編集]

東京都生まれ。東京教育大学附属高等学校卒、1974年東京大学法学部卒業。1981年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得修了、1981年専修大学法学部講師、1983年同法学部助教授、1989年上智大学法学部助教授、1991年東京大学教養学部社会科学科助教授、1993年同教養学部社会科学科教授を経て、東京大学大学院総合文化研究科教授。2016年定年退任、名誉教授[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『政治学と歴史解釈――ロイド・ジョージの政治的リーダーシップ』(東京大学出版会, 1985年)

共著[編集]

訳書[編集]

[編集]

  1. ^ 『駒場1991』
  2. ^ 名誉教授