高橋啓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 啓一(たけはし けいいち、1957年 - )は、日本の古生物学者。滋賀県立琵琶湖博物館館長。学位は歯学博士ならびに博士(理学)。

人物[編集]

1957年福岡県生まれ。日本大学文理学部応用地学科卒業。

京都大学理学部研修員、日本歯科大学新潟歯学部助手、講師、滋賀県教育委員会事務局文化部文化振興課を経て、1996年4月より滋賀県立琵琶湖博物館勤務[1]。展示科長、企画調整課長、研究部長、事業部長、副館長を経て2017年3月に退職。その後も審議員(副館長)して在職し、2019年4月より館長に就任[2]。 その他、名古屋大学博物館研究協力員、中国雲南大学客員教授、国際湖沼環境委員会理事など在任中。

著書[編集]

論文[編集]

  •  滋賀県立琵琶湖博物館内「高橋啓一のホームページ[1]」 を参照

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 滋賀県立琵琶湖博物館 2013
  2. ^ 新館長の就任について”. 滋賀県立琵琶湖博物館 (2019年4月16日). 2021年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]