骨膜反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
骨膜反応
分類及び外部参照情報
DiseasesDB 31520
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

骨膜反応(: periosteal reaction)とは創傷や骨周囲の骨膜への刺激による新骨形成反応。骨膜反応は一般的にX線写真で確認される。

病因[編集]

骨膜反応は創傷や肥大性骨症骨治癒機転骨折、慢性ストレス障害、骨膜下血腫骨髄炎骨腫瘍などを原因として起こる。骨膜反応は自己免疫疾患であるバセドウ病の深刻な症状である甲状腺アクロパチーの1つとして引き起こされることがある。

症状[編集]

骨膜反応の形態的変化(例として骨膜炎の出現)は診断に有用な所見となるが確定診断はできない。診断は骨形成が限局性であるか全身性であるかを決定できる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Resnick D (ed), ed (1994). Diagnosis of Bone and Joint Disorders (3rd ed ed.). Philadelphia: W.B. Saunders. pp. 4421–4445. 
  • Ved N, Haller JO (2002). "Periosteal reaction with normal-appearing underlying bone: a child abuse mimicker". Emerg Radiol 9 (5): 278–82. doi:10.1007/s10140-002-0252-5. PMID 15290554. 
  • Marmur R, Kagen L (2002). "Cancer-associated neuromusculoskeletal syndromes. Recognizing the rheumatic-neoplastic connection". Postgrad Med 111 (4): 95–8, 101–2. PMID 11985137. 
  • Viola IC, Joffe S, Brent LH (2000). "Primary hypertrophic osteoarthropathy". J. Rheumatol. 27 (6): 1562–3. PMID 10852293. 
  • Burstein HJ, Janicek MJ, Skarin AT (1997). "Hypertrophic osteoarthropathy". J. Clin. Oncol. 15 (7): 2759–60. PMID 9215850.