骨抜き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

骨抜き(ほねぬき)は、魚類を挟んで抜くために用いる道具。魚類を加工・調理する際に骨を抜く用途に使われることが多く、加工工場や厨房で使用される。また研究用途として、生物の解剖にも使用される。ピンセット状の物からペンチ状の物まで各種あるが、一般にピンセットの一種に分類される。先端形状は平らになっており、骨を掴む用途に特化してある。骨は斜めに抜き取る。


材料[編集]

古くから工芸品として毛抜きと共に歴史を歩んでおり、素材はが主流であった。しかし鉄では錆びるため、最近はステンレスが多い。チタンや貴金属も使われているが、高価であり加工が難しいため、実用品としてではなくコレクション品としての側面が強い。

慣用句[編集]

慣用句的な「骨抜き」の用法:骨を抜くと言うことからか、「物事が弱体化した」状態を指す。

  • 人が自発的な意思の弱い状態にされること。
例: 異性間で、相手の魅力により言いなりになる様子。
  • 計画などの主要部分を取り去り内容を乏しくすること。
例: 法律などで、例外規定などの付加により、当初の規制に抜け道が出来ることで実効性がなくなった状態。

参考文献[編集]

  • 食の器の事典(柴田書店)

関連項目[編集]