馬令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬令(ば れい)は、北宋常州宜興(今は江蘇省に属する)の人。

その祖父馬元康は博く経書に通じ、生前、金陵(今の江蘇省南京)にいて、南唐の旧事に習熟し諳んじていた。

徽宗崇寧4年(1105年)、馬令は『南唐書』を撰述した。

参考文献[編集]

  • 宜興 『馬氏家譜』