首かじり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
参考:一筆斎文調『男の生首口にしたる幽霊』

首かじり(くびかじり)は日本妖怪。餓死した老人が妖怪化したもので、生前の自分に食物を与えなかった人が死ぬと墓に現れ、その首を掘り出して食べるとされる。

別冊少女フレンド』(1966年)に掲載された斎藤守弘による妖怪で、首かじりが死体の首をかじっている絵が描かれている。その後、水木しげるの『少年マガジン 増刊 日本妖怪大全』(1968年)や佐藤有文の『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』(1972年)などにも掲載され、参考図の幽霊画が使用されるようになった。

妖怪研究家・村上健司の指摘によれば、これは江戸時代中期の浮世絵師一筆斎文調による幽霊画「男の生首口にしたる幽霊」[1]が元であり、本来は首かじりという妖怪として描かれたものではない[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉川観方 『続 絵画に見えたる妖怪』 洛東書院、1936年、口絵。NCID BA47423293
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、145頁。ISBN 978-4-620-31428-0