飯島光峨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯島 光峨(いいじま こうが、文政12年(1829年)5月‐明治33年(1900年2月11日)は明治時代の日本画家

来歴[編集]

文政12年5月に田安藩の飯島義重の三男として生まれる。本名は明。後素堂とも号す。日本橋村松町に住む沖一峨に入門、光峨の号を与えられる。一峨は酒井抱一に学んで極彩色の密画をよくしており、後に鳥取藩池田侯の画員沖探冲の養子となっている。一峨の門下には嘉永から安政にかけて松本洋峨加藤泰峨がおり、光峨とともに一峨門の三峨と呼ばれていた。安政2年(1855年)の一蛾没後は師につかず文芸に親しみ、仮名垣魯文三遊亭円朝服部波山らと交遊、東海や畿内方面へも遊歴した。

明治18年(1885年)の第1回鑑画会大会に「桜花」、「秋草」を出品、明治29年(1896年)の日本絵画協会第1回絵画共進会には東洋画の伝統を遵守する第一部に「小児十二ヶ月図」を出品しており、近藤樵仙らとともに二等褒状を受けている。明治33年2月11日、72歳で没す。門下に巽画会を創設した遠上素香がいる。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
花下躍鯉図 紙本着色 1幅 177.2x95.4 東京国立博物館
幽霊図 1幅 全生庵 1875年(明治8年)

参考文献[編集]

  • 日本美術院百年史編集室編 『日本美術院百年史』一巻上(図版編) 日本美術院、1989年

関連項目[編集]