飛鳥 (明日香村)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 奈良県 > 高市郡 > 明日香村 > 飛鳥 (明日香村)
飛鳥
あすか
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
自治体 明日香村
面積
0.4822694km²
世帯数
110世帯
総人口
355
国勢調査、2010年10月1日現在)
人口密度
736.1人/km²
テンプレートを表示

飛鳥(あすか)は、奈良県高市郡明日香村大字である。町村制施行以前の同郡飛鳥村に相当する。

古代における飛鳥(遠つ飛鳥)の中心的地域であったとされる。

沿革[編集]

古代〜近世[編集]

古代においては、当地を中心に周辺一帯は飛鳥(遠つ飛鳥)と呼ばれ、政治の中枢地であった。そのため、史跡・遺跡まどの文化財が多い。また現在の当地名は古代飛鳥の遺称である。

近代・現代[編集]

  • 1889年4月1日 - 奈良県高市郡飛鳥村(当地)・雷村・奥山村・小原村・小山村・豊浦村・東山村・八釣村が合併して新しい飛鳥村を設置。当地は同村の大字 飛鳥となる。
  • 1956年7月3日 - 奈良県高市郡飛鳥村・高市村・阪合村が合併し、明日香村を新設。当地は同村の大字 飛鳥となる。

地理[編集]

明日香村の北部に位置する。

主な施設[編集]

行政
郵便局
文化
神社
寺院
遺跡

交通[編集]

道路

参考資料[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]