韓談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

韓 談(かん だん、生没年不詳)は、末期の宦官。『史記』の「李斯列伝」に記述がある。

経歴[編集]

紀元前207年二世皇帝趙高により殺害されて子嬰が秦王として立てられた。子嬰は趙高の誅殺を計画したが、その際に韓談も子嬰の子供らと計画に参画した[1]。趙高が子嬰の病気見舞いとしてやって来ると、子嬰の命令で趙高を刺殺し、さらに趙高の三族を皆殺しにした[2]。ただし「秦始皇本紀」では韓談の記述はなく、趙高を殺害したのも子嬰とされている。

脚注[編集]

  1. ^ 宦者韓談及び其の子と高(趙高)を殺さんことを図る(李斯列伝)
  2. ^ 高(趙高)謁して病を請う。因りて召し入れ、韓談をして之を刺殺せしめ、其の三族を夷らぐ(李斯列伝)

参考文献[編集]

  • 『史記』「李斯列伝」