韓国インターネット振興院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓国インターネット振興院
各種表記
ハングル 한국인터넷진흥원
漢字 韓國인터넷振興院
発音 ハングク=イントネッ=チンフンウォン
日本語読み: かんこくいんたーねっとしんこういん
英語 Korea Internet&Security Agency(KISA)
テンプレートを表示

韓国インターネット振興院(かんこくいんたーねっとしんこういん、Korea Internet&Security Agency、略称KISA)は、大韓民国のインターネット振興、インターネット情報の保護と、それに対する国際的な協力を進める未来創造科学部配下の委託執行型の準政府機関である。

2009年7月、政府の公共機関先進化政策に基づいて、大韓民国放送通信委員会配下の3つの機関である韓国情報保護振興院(KISA)、韓国インターネット振興院(NIDA)、情報通信国際協力振興院(KIICA)が統合されて発足した。 設立の根拠法は情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律韓国語版第52条になる。

統合前の名称は、National Internet Development Agency of Koreaで、略称NIDA(ニダ)。

国別インターネットレジストリを管理しているKRNICは、KISA配下のインターネットリソース管理組織になる[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]