青い車 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
青い車
監督 奥原浩志
脚本 奥原浩志
向井康介
原作 よしもとよしとも『青い車』
出演者 ARATA
宮崎あおい
麻生久美子
田口トモロヲ
音楽 曽我部恵一
撮影 斉藤幸一
編集 奥原浩志
公開 日本の旗 日本 2004年11月20日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

青い車』(あおいくるま)は、よしもとよしともによる同名の漫画作品を原作とした、2004年の日本映画

ストーリー[編集]

昼はレコード屋で働き、夜はDJをおこなう青年のリチオ(ARATA)は、幼少期の事故以来、目の傷を隠すためにサングラスをかけて生活している。彼には佐伯アケミ(麻生久美子)という恋人がいたが、ある日、佐伯このみ(宮崎あおい)と関係を持ってしまう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

評価[編集]

ヴァラエティ』のジェイ・ウェイスバーグは、「監督の奥原浩志は、原作漫画の限られた時間帯を引き延ばし、実存主義的な悲しみを吹き込んだ」と指摘した[1]。『ザ・ジャパン・タイムズ』のマーク・シリングは、本作に5つ星満点の4点を与えた[2]

脚注[編集]

  1. ^ Weissberg, Jay (2005年2月22日). “Review: ‘A Blue Automobile’”. Variety. 2015年2月9日閲覧。
  2. ^ Schilling, Mark (2004年12月1日). “Wanting a piece of the rebel”. The Japan Times. 2015年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]