露熊山峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

露熊山峡(つゆくまさんきょう)は、秋田県北秋田市にある渓谷である。1952年(昭和27年)5月の第一回秋田県観光三十景(有効投票約百九十五万票)の第11位にランクされている。また、1975年(昭和50年)2月に、秋田県の自然環境保全地域に指定されている。

概要[編集]

露熊山峡

露熊山峡は秋田県北秋田市阿仁荒瀬から西方に移動し、阿仁川を渡り沢沿いに林道を移動し、途中の露熊七面山を過ぎてから廃村になった露熊集落跡までの渓谷である。露熊七面山からは西方に伝説が残る、マタギ岩をのぞむことができる。また、トンネル状に掘られたモッケ岩もある。

この近辺は景勝地になっており、かつては沢山の観光客が来訪していた。1970年露熊集落は廃村になり、露熊七面山も規模が縮小されている。

伝説[編集]

このあたりは、昔から熊が沢山住んでいたので強熊(つよくま)と呼ばれていた。ここに住み着いた者は落ち武者だと言われ、山で狩りをしてなりわいをたてていた。ある冬のこと、一人の猟師が犬を連れて狩りに出かけた。猟師が犬と山を登っていると、大きな熊が襲いかかってきた。猟師は山頂まで熊を追い詰めたが、逃げ場を失った熊は千尋の谷に落ちてしまった。日が暮れると吹雪が猛り狂い、猟師は犬とともに雪の中に立ち往生して、その身は果て石になった。石は猟師が犬を連れて立っている様に見え、この岩を土地の人は「またぎ岩」と呼んだ[1]

このまたぎ岩がある山は居士岳(こじがたけ)と言い、『阿仁発達史』によれば、磐司万三郎という人で、山形の立石寺に仮住まいしたあと、荒瀬にやって来たのちに、またぎの総元締めになったとも言われている[1]

この地区の東方に鴻池善右衛門という商人が自身が発見した萱草鉱山の場所に、身延山から七面様を勧請した萱草七面山という宗教施設がある。神体は女龍である。その後、萱草と露熊の間を夜な夜な大きな風雨を伴って山や岩を崩し火災をまいて通るものがあり、男龍の仕業だという噂が拡がった。そのため、露熊七面山として男龍を祀ったところ、山は静まり、やがて露熊炭鉱が開かれたという[1]

露熊集落の中村氏の家伝によれば、露熊集落の祖は三四郞で、1524年(大永4年)に吉田村から沢に入って炭焼きとして小屋を作り、狩猟を副業としていた。そこに久保田から中島三右衛門四郎という士族が流れて来て、三四郞の小屋に宿を取って熊狩りをしていた。あるとき「シバリ」に熊が来てその熊を中島三右衛門四郎は7日間追ったが捕まえる事はできなかった。中島は三四郞の所に行き「今日は熊を捕るか捕らぬか、自分も帰るか帰らないか不明だ。もし帰らない時は後生に名を残すように貴様に苗字と名をくれてやるから先祖として祀ってくれ」と言った。彼は、その晩も帰らず行方不明となった。その後、岩石の頂上に登り下山する事ができず凍死したという。その後三四郞は苗字を受け継ぎ中島三四郞と名乗った。またぎ岩はその猟師がそのまま化石になったもので、近年風化により形が変わっているという[2]

能代市常磐沢の奥の、大柄の与作またぎが間違って家に巻物を忘れて、巻物を処分され、連れの犬と共にマタギ岩になったとする民話もある[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『阿仁の民話と伝説』、秋田県阿仁町、1998年3月、阿仁町史資料編 第6集
  2. ^ 『石は語る』、吉田英一、1990年
  3. ^ 『日本の民話10 秋田の民話』

関連項目[編集]