雲龍寺 (三木市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雲龍寺
Mikij17.jpg
本堂
所在地 兵庫県三木市上ノ丸9-4
位置 北緯34度47分49.2秒
東経134度59分13.9秒
山号 高源山
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦如来
創建年 天徳2年(957年
開基 良源
法人番号 3140005006100 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

雲龍寺(うんりゅうじ)は、兵庫県三木市にある曹洞宗の寺院。山号は高源山。本尊は釈迦如来

歴史[編集]

この寺は、寺伝によれば957年天徳2年)天台宗の僧良源によって創建されたという。その後、平安時代後期の保元年間(1156年 - 1159年)に兵火にあって荒廃したが、鎌倉時代後期に赤松氏によって復興され、1322年元亨2年)には後醍醐天皇により現在の山号に改められた。室町時代には別所氏の帰依を得た。1578年天正6年)豊臣秀吉による兵火により焼失したが、秀吉から寺領を安堵されている。

史跡[編集]

  • 別所長治夫妻首塚

所在地[編集]

  • 兵庫県三木市上ノ丸9-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]