雨宮清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雨宮 清(あめみや きよし、1947年3月7日- )は、山梨県生まれの実業家。株式会社 日建・代表取締役。

来歴[編集]

山梨県生まれ。 1961年、加納岩中学を卒業、東京の「鉄道車両」に入社。大型クレーン車整備の仕事に就く。 1970年、23歳で郷里に戻り、車両整備会社、車両工業所を設立。 1980年、日立建機の特販店、指定工場となり、山梨日立建機株式会社を経て、2013年6月1日より株式会社 日建に社名変更した。現在、社員86名で建設機械を扱っている。

1994年、雨宮は内戦が終結したばかりのカンボジアの復興に建設機械が必要と見て、ビジネスチャンスを求めて渡航。そこで、地雷によって膝から下をなくした自分の母と同じ年頃の老婆から「あなた日本人でしょう。どうか私たちを助けて下さい。」と乞われた事が、雨宮を地雷除去の道へ誘うきっかけとなった。帰国後、1995年に対人地雷除去機開発プロジェクトを立ち上げ。

以来、9億5千万という莫大な開発費をつぎ込み、1998年対人地雷除去機の1号機「ロータリーカッター式対人地雷除去機」が完成した。作業中には、目の前で地雷が爆発して耳を損傷(この影響で、現在も右耳は聞こえない)したほか、アフガニスタンではタリバンに拘束され、銃を突き付けられるなど、常に死と隣り合わせの仕事だった。開発当初は現地の人達に信用してもらえず、地雷除去後の土地を自らが裸足で歩き回るというパフォーマンスをした事もある。

1998年の供給開始以来、現在までに累計86台の日建製対人地雷除去機が、日本政府から国連NGOを通じてカンボジアアフガニスタンニカラグアアンゴラ等で使われている。地雷除去の他、不発弾の処理、灌木の伐採にも使用されているが、これは、アタッチメントの付け替えで、農地や宅地の造成、穀物の収穫、種まきにも活用できるという多目的機械でもある。その後、「地雷のない平和な大地」と「対人地雷埋設国の国民の経済的自立」を目的に活動を続けている。

受賞[編集]

  • 2001年11月27日(財)ソロプチミスト財団より『千嘉代子賞』を受賞
  • 2001年5月26日(社)日本善行会 会長 鈴木俊一より国際交流、国際貢献の分野で表彰を受賞
  • 2003年6月22日 国際連合UNMAPAより技術、部品提供に関する貢献の表彰を受賞
  • 2004年9月24日(財)山人会より『第18回 前田晃 文化賞』を受賞
  • 2005年6月24日 カンボジア王国より人道支援、機材供与に対する表彰を受賞
  • 2006年2月7日 (財)日本フィランソロピー協会より 

           『第3回日本フィランソロピー大賞特別賞地球共生賞』を受賞

  • 2007年4月11日 講談社より『吉川英治文化賞』を受賞
  • 2007年4月23日 『国際UNIVERSAL Design優秀賞』を受賞
  • 2007年9月24日 国連開発計画(UNDP)DEVNET協会より『国連開発DEVENET賞』を受賞
  • 2007年9月27日 日立製作所より『第5回Inspiration of the Year賞』を受賞
  • 2007年11月13日 社会貢献支援財団より『社会貢献賞』を受賞
  • 2008年10月23日 朝日新聞社より『朝日企業市民賞』を受賞
  • 2009年7月10日 経済産業省より『モノづくり日本大賞 経済産業大臣 優秀賞』を受賞
  • 2009年9月4日 特定非営利活動法人SIJより『ソーシャルビジネス賞 最優秀賞』を受賞
  • 2009年10月5日 日刊工業新聞社より『超モノづくり部品大賞 機械部品賞』を受賞
  • 2009年10月7日 日経ビジネス社より『ビジネスイノベーター大賞』を受賞
  • 2011年10月27日 読売新聞グループより『第18回 読売国際協力賞 特別賞』を受賞
  • 2011年11月20日 山梨県知事より『山梨県功績者 特別感謝状』を受賞
  • 2015年8月27日 外務省より『平成27年度外務大臣表彰』を受賞

外部リンク[編集]