難波紘二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

難波 紘二(なんば こうじ、1941年6月17日[1] - )は、日本の医師医学者評論家広島大学名誉教授。

広島市生まれ。1967年広島大学医学部卒、1974年同大学院博士課程修了、「松果体の実験形態学的研究」で医学博士呉共済病院で臨床病理科初代科長として勤務。アメリカ国立衛生研究所国際奨学生に選ばれ同がんセンターの病理部に2年間留学し、血液病理学を研鑽。広島大学総合科学部教授、2004年定年退官。名誉教授。自宅に「鹿鳴荘病理研究所」を設立[2]

著書[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『誰がアレクサンドロスを殺したのか?』著者紹介

外部リンク[編集]