トーマス・ホジキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トーマス・ホジキン
Thomas Hodgkin
人物情報
生誕 1798年8月17日
ペントンヴィル英語版ミドルセックス
死没 1866年4月5日(67歳)
ヤッファパレスチナ英語版
国籍 イギリスの旗 イギリス
学問
研究分野 病理学
主な業績 予防医学英語版
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

トーマス・ホジキン: Thomas Hodgkin1798年8月17日 - 1866年4月5日)は、英国内科医である。存命当時は著名な病理医として知られたが、予防医学英語版の先駆けともなった人物である。現在では、1832年に彼が発見した、悪性リンパ腫の一種・ホジキンリンパ腫でその名を知られている[1]。ホジキンの研究は、病理医が診断過程に積極的に関与するシステム構築に、大きく寄与した。ガイ病院英語版では、トーマス・アディソン英語版リチャード・ブライトと同僚であった。

青春時代[編集]

ホジキンは、ジョン・ホジキン英語版の息子として、ミドルセックス・聖ジェームズ教区ペントンヴィル英語版クエーカー教徒一家に生まれた[2]。彼は、父と同名の兄ジョン・ホジキン英語版から個人教育を受け、1816年にはウィリアム・アレン英語版の個人秘書職を得た[3]。彼の目的は、医学に対するアプローチの1つでもある薬屋[注 1]の商いを学ぶことだったが、アレンが薬屋として成功していた人物だったにもかかわらず、その目的は果たされなかった。2人は袂を分かち、ホジキンはブライトンで薬局を開いていたいとこ、ジョン・グレーシャーの元へ向かった[5]。彼はまた、同じ名前の大おじから遺産を受け継ぎ、21歳にしてある程度の経済的独立を果たすこととなった[6]

医学教育と渡航[編集]

青春期のホジキン

1819年9月、ホジキンは聖トーマス病院・ガイ病院医学学校 (St. Thomas's and Guy's Medical Schoolに入学した。ここでの1年間、彼は内科・外科両方の病棟実習を行ったほか、アストリー・クーパー英語版などの講義に出席した[7]。続いて彼はエディンバラ大学に進み、アンドリュー・ダンカン英語版ロバート・ジェイムソンによる博物学の講義に感銘を受けた。脾臓に関する彼の最初の論文はダンカンの講座から出され、友人ブレイシー・クラーク英語版の獣医学に関する論文を参考にしたものだった[8]

1821年、ホジキンはフランスへ渡り、ルネ・ラエンネックが発明したばかりだった聴診器に関する研究を行った。また、ピエール=シャルル・ルイによる統計的・臨床的アプローチの評価にも取り組んでいる[9]。彼はここで、同じ英国出身のロバート・ノックスヘレン・マリア・ウィリアムズ英語版などと交際している[10]1823年にはエディンバラ大学医学学校英語版で、動物の養分吸収に関する生理学機構に関する論文を提出して医学博士号を得ている[11]

パリでホジキンは、結核に悩まされているロスチャイルド銀行員、ベンジャミン・ソープに出会った[注 2]。ホジキンは暫く内科医として彼の治療を担当し、ソープはその甲斐あって治癒した[12]。この関係が元で、ホジキンはマイアー・アムシェル・ロートシルトの娘婿エイブラハム・モンテフィオーレと出会うことになった[注 3]。エディンバラを卒業した後、ホジキンは2人のイタリア旅行に同行している。エイブラハムは深刻な結核に悩まされており(彼は1824年に死去している)、両者の関係は益になるとは言い難いもので、その証拠にホジキンは罷免されている。しかし、エイブラハムの兄モージズ・モンテフィオーレ英語版とは、生涯の親交を結ぶことになった[14]

1824年9月から翌年6月までの長いパリ生活の中で、ホジキンは他の医学者とも親睦を深めている。ホジキンは、パリ生活後の数年間、生理学者のエドワーズ兄弟(ウィリアム・フレデリック・エドワーズ英語版アンリ・ミルン=エドワーズ英語版)の論文を熱心に勉強している。結局は上手くいかなかったものの、ホジキンは1838年まで、神経学者アシル・ルイ・フォヴィーユ英語版を中心とした、南部版のヨーク・リトリート英語版の設立運動に携わっている[15][16]

ガイ病院でのキャリア[編集]

帰国したホジキンは検死に携わりながら、1825年にボランティア職員として、翌1826年には付属博物館の学芸員としてガイ病院英語版で働き始めた。彼自身は仕事について、このポストのおかげで病態解剖(: morbid anatomy)が学べると喜んでいたという[17]。なおこの病態解剖とは、現在の病理解剖英語版にあたるものである。

しかしながらホジキンの病院でのキャリアは、1837年に、横暴な病院理事ベンジャミン・ハリソン英語版と衝突したことで終わりを告げる。ハリソンはホジキンの進歩的な視点と、新設されたユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンへの支援を嫌って立腹した(下記参照)[3]。正反対の内容である2つのインタビューが出され、ハリソンはホジキンを「アシスタント・フィジシャン[訳語疑問点]」(: Assistant Physician)に昇格させないことについて、彼が直前に病気を患っていたことを理由に弁解した。一方ホジキンの友人たちはこの問題を理事会に提起したが、理事会の意見は辛辣で、待遇改善は望み薄だった。結局、対抗馬のベンジャミン・ガイ・バビントン英語版がこの地位を手に入れ、ホジキンは病気治癒後渋々個人医院に移った[注 4][19]1840年には先住民保護協会英語版代表として、世界反奴隷制度大会英語版に参加している[20]

聖トーマス病院の講師として[編集]

病院医療への従事を経て、1842年にホジキンは聖トーマス病院英語版で教鞭を執ることを依頼された。1825年に聖トーマス病院・ガイ病院医学学校 (St. Thomas's and Guy's Medical Schoolの運営を停止した後、聖トーマス病院は、以前の職員と新しい医学学校を設立していた。ホジキンは依頼を受け入れ、更にマーシャル・ホール英語版ジョージ・グレゴリー英語版を新しい講師として迎え入れている。彼は自分自身でも講義を行い、チャールズ・バーカーとのシリーズ講義も行っている。また、付属博物館の発展と、事例報告を行う医療学会(: a Clinical Society)を始めるため、ガイ病院英語版での経験を自ら記録している。しかし結果は彼にとって不満足なものだった。ホールは講師としてホジキン以上の人気を博したほか、皮膚病 (enについて講義したグレゴリーは、明晰さで評判となり教科書を書くまでに至った。一方ホジキンが翌年の講義継続を依頼されることはなく、契約はそのまま途切れてしまった[21][22]

晩年[編集]

ホジキンは1850年に、未亡人だったサラ・フランシス・スケイフ(: Sarah Frances Scaife)と結婚した[2]。2人の間に子供はいなかった[2]。レディ・モンテフィオーレが1862年に死去する直前、ホジキンは、これから彼女の夫モージズ・モンテフィオーレ英語版が旅行する際には同行することを約束している[23]1866年には、モージズ・モンテフィオーレのパレスチナ旅行へ同行している。ホジキンはそこで赤痢にかかり、1866年4月5日客死した。彼の遺体はヤッファに埋葬されている。

興味[編集]

ホジキンは他のクエーカー教徒たちと同じく、奴隷制度廃止運動 (enや、西洋諸国による植民地化が先住民に与える影響の緩和に関心を持っていた。一方で、1820年代1830年代には、アフリカの解放や植民地化に対する方針の違いを理由として、反奴隷制度協会英語版から手を引いている。1830年代初頭、協会はホジキンの意見の出版を拒んでいる[24]。ホジキンは自身の興味分野について自発的に行動するようになった。

民族学[編集]

ホジキンは学問分野として確立される前から、自然人類学や現在民族学と呼ばれる文化学に興味を抱いていた。ガイ病院英語版付属博物館の学芸員として、世界中の民族から標本を集めている[25]1827年には、西アフリカ言語の研究を行っていた宣教師ハナ・キラム英語版を後援する手紙の中で、彼がかねてから温めてきた「文明」論を初めて発表している[26]。ホジキン家はロンドンの文明協会(: a Civilization Society)で、初期の数年間主導的役割を担っていた[27]先住民保護協会英語版の設立支援に際して、彼は個別言語こそが人類の起源を知る言語学上の証拠になるのだから、絶滅の危機に瀕している場所では保護されるべきだとの言説を発表した[28]1835年には、言語学協会英語版にこの話題に関する論文を寄稿し、アンケート調査実施を提案している[29]

ホジキンにとって、言語とは人種の特色であった[30]1838年暮れ、彼はパリで W・F・エドワーズと会い、フランスでも先住民保護協会と同様の組織を設立するよう説得した。翌1839年には、エドワーズ自身の考えに従って、パリ民族学協会英語版: Société Ethnologique de Paris)が設立されている[31]。この進展は、1843年ロンドン民族学協会英語版設立に反映されている[32]。この協会は、先住民保護協会から科学的・言語学的関心を理由に分岐し、宣教師活動との関係を断ち切ったものだった。

アフリカの植民地化[編集]

ホジキンはリベリアの独立当初その支援者であり、シエラレオネと比較して好意的に評価していた[33]エリオット・クレソン英語版アメリカ植民地協会を支援して、彼はクエーカーや奴隷廃止論者として主流の考えから距離を置いた。1833年に、アメリカの奴隷廃止論者 (enウィリアム・ロイド・ガリソンイングランドを訪れた際には、ホジキンはガリソンとクレソンを引き合わせようとしている。ホジキンはクレソンの英国アフリカ植民地協会(: British African Colonization Society)設立を支援したが、自分自身がクエーカーや内科医としての本来の考えから離れてしまっていることに気付いた。またガリソンやその同士からは、ホジキンに対する個人的非難が寄せられている[34]

ハドソン湾会社[編集]

ホジキンは1836年から翌1837年にかけて、友人リチャード・キング英語版を通じてブーシア半島ハドソン湾会社に関する運動に参加するようになった。キングは1833年から1835年にかけて、ジョージ・バック大佐の北カナダ探険に参加し、1836年にはこの体験を元に小説を書いている。彼はこの本の中で、1836年から翌37年にかけて、同じ地域を再度探険すると述べ、これがホジキンの参加を後押しした。1841年にはハドソン湾会社の許可証更新が控えていたため、財界も敏感に反応して参加した[35]。キングの小説には、ホジキンが西カナダの先住民に対するハドソン湾会社の無関心について書き留めたことが記載されている[36]。ホジキンは、ガイ病院の会計係であるベンジャミン・ハリソンとハドソン湾会社の活動に参加し、悲惨にも自分の職業人生と行動力を混ぜ合わせてしまった。ハリソンは副社長[37]として会社運営に携わり、議会公聴会でキングと一戦交えたハドソン湾会社の社長、ジョン・ヘンリー・ペリー英語版と姻戚関係を結んでいる[38]

ハドソン湾会社に籍を置く間も、西カナダ地域の先住民に対するホジキンの関心は続いた。ジョージ・シンプソン英語版との文通や、先住民保護協会の「内通者」との書簡を通じて、ハドソン湾会社の活動と先住民に対する関心の両方を追求したのである[39]

医学分野での活躍[編集]

ロンドン、ベッドフォード・スクエア英語版にあるブルー・プラーク
イスラエルヤッファにあるホジキンの墓碑

ホジキンは、アクロマート型顕微鏡について1830年に著名な設計案を発表したジョゼフ・ジャクソン・リスター英語版と共同研究を行っている[40]。ホジキンとリスターは、リスターの発展させた顕微鏡を使って組織標本に関する研究を発表し、アンリ・ミルン=エドワーズ英語版などの唱えた「小球体仮説」(: the "globule hypothesis")の立証に挑んだ[41]。彼らは組織内に小球が存在しないと発表したが、エルンスト・ヴェーバーは1830年にこの説を否定し、10年にわたる論争となった[42]。暫くの間顕微鏡術はその評判に悩まされたが、1840年までには組織学が一学問分野として認められるようになり、ホジキンとリヒターの「『小球体』は視覚による人工産物だ」との視点は受け入れられた[43]1827年に2人が発表した論文は、「近代組織学の興り」と呼ばれている[44]

1832年にホジキンは、"On Some Morbid Appearances of the Absorbent Glands and Spleen"(訳:吸収性リンパ腺と脾臓の病態所見について)と題した論文で、後に彼の名前が冠された病気・ホジキンリンパ腫を報告している[45]。33年経ってから、この病気を再発見した英国の内科医・サミュエル・ウィルクス英語版によって、彼にこの病気のエポニムが与えられている[注 5]。この病気は、他の組織に浸潤し、リンパ系脾臓肝臓の肥大を起こす悪性腫瘍の一種である。より初期の段階では「ホジキン側肉芽腫」(: Hodgkin's paragranuloma[46]、逆により進行した場合には「ホジキン肉腫」(: Hodgkin's sarcoma)と呼ばれる。

ホジキンは1836年1840年に、"Lectures on Morbid Anatomy"(訳:病態解剖に関する講義)と称した本を発行している。一方で、彼の病理学教育に対する最大の貢献は、1829年に発行された2巻物の"The Morbid Anatomy of Serous and Mucous Membranes"(訳:漿液性・粘液性膜組織の病態解剖)との本で、近代病理学の古典となっている。

ホジキンは最初期の予防医学英語版擁護者の1人であり、1841年には "On the Means of Promoting and Preserving Health"(訳:健康増進と維持の意義について)との言説を本の形で出版している。初期の観察の中には、急性虫垂炎や、赤血球の両凹性形状、また筋繊維の縞状帯に関する初めての記述が含まれている。

彼は更に、トーマス・フィッシャーと、フランスのウィリアム・フレデリック・エドワーズ英語版が書いた文章を翻訳し、"On the Influence of Physical Agents on Life"(訳:物理的因子が生物に与える影響について)を発表している(ロンドン・1832年、フィラデルフィア1838年[47][48] 。エドワーズは生理学の中でも生気論を唱える人物であり、生命体の中で物理力が与える影響を段階を追って研究していた[49]。英語版の文章は翻訳の域を超えるもので、2ダースもの論文をまとめた200ページ以上の補遺を含んだものだった。また、エドワーズの本題からは脱線するものの、彼の一般的なアプローチ方法に関連する、医学や科学の要約が成されたパートが付け加えられていた。この本には、ある種の電気学や気象学に加えて、ホジキンの初期の研究や、リスターとの共同研究が収められていた[50]。更に、1840年にはロンドンで先述の "The Means of Promoting and Preserving Health"(訳:On the Means of Promoting and Preserving Health)を発行し(第2版が翌1841年に発行された)、1847年には"Address on Medical Reform"(訳:医学改善への意見書)を発表している[2]

その他の業績[編集]

ホジキンのその他の業績としては、 "Biographical Sketches"(伝記スケッチ)が挙げられ、ジェームズ・コウルズ・プリチャード英語版1849年)や、医療への貢献者ウィリアム・ストラウド(1789年 – 1858年)の伝記を記している。また奴隷解放運動に関する冊子も書いており、1833年から翌1834年にかけて英国アフリカ植民地協会に参加している[2][51]

偉業を讃えて[編集]

彼の自宅があったロンドンベッドフォード・スクエア英語版ブルー・プラークが設置されている。タスマニアホバートにあるフレンズ・スクール英語版は、彼の名前に因んだ4校の1つである。

キングス・カレッジ・ロンドン医学部 (enのホジキン棟は、ホジキンの名誉を讃えて名付けられた[52]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ "Apothecary."(英語) 英国では医療行為も行っていた[4]。「薬屋」を指す英単語としては、他にも "Pharmacy" 等が存在する。
  2. ^ ソープは後に銀行を退職し、研究者として名を成している。
  3. ^ モンテフィオーレ(: Abraham Montefiore)はロートシルトの娘ヘンリエッテと結婚している[13]。なお彼のファーストネームは、英語読みでは「エイブラハム」、ドイツ語読みでは「アブラハム」であるが、ここでは彼がロンドン出身であるため「エイブラハム」を採用した。
  4. ^ 「個人医院」(: private practice)とは、開業医院や弁護士の開業事務所を指すイギリス英語だが、医療の場合は特にナショナル・ヘルス・サービス英語版に含まれない医院を指す[18]
  5. ^ エポニムとは特に人名に因んで付けられた二次的名称のこと。

出典[編集]

  1. ^ Stone, MJ (October 2005). “Thomas Hodgkin: medical immortal and uncompromising idealist.”. Proceedings (Baylor University. Medical Center) 18 (4): 368–75. PMC 1255947. PMID 16252028. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1255947. 
  2. ^ a b c d e  Hodgkin, Thomas”. Dictionary of National Biography. London: Smith, Elder & Co. (1885–1900) 
  3. ^ a b Kass, Amalie M.. “Hodgkin, Thomas”. Oxford Dictionary of National Biography (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/13429.  (Subscription or UK public library membership required.)
  4. ^ apothecaryの意味”. 英和辞典 Weblio辞書. Weblio. 2016年4月26日閲覧。
  5. ^ Kass & Kass, p. 27.
  6. ^ Kass & Kass, p. 36.
  7. ^ Kass & Kass, pp. 61–3.
  8. ^ Kass & Kass, pp. 70–2.
  9. ^ Kass & Kass, pp. 89–90.
  10. ^ Kass & Kass, pp. 92–3.
  11. ^ Kass & Kass, pp. 109–114.
  12. ^ Kass & Kass, pp. 101–3.
  13. ^ Joseph Jacobs, Goodman Lipkind, Victor Rousseau Emanuel, Thomas Seltzer, Isidore Harris, Israel Davis. “MONTEFIORE”. Jewish Encyclopedia. Jewish Encyclopedia.com. 2016年4月27日閲覧。
  14. ^ Kass & Kass, pp. 117–22.
  15. ^ Kass & Kass, p. 129.
  16. ^ Kass & Kass, pp. 323–4.
  17. ^ Kass & Kass, p. 139–41.
  18. ^ 小西友七; 南出康世 (2001-04-25). “ジーニアス英和大辞典”. ジーニアス英和大辞典. ジーニアス. 東京都文京区: 大修館書店 (2011発行). ISBN 978-4469041316. OCLC 47909428. NCID BA51576491. ASIN 4469041319. 全国書誌番号:20398458. 
  19. ^ Kass & Kass, p. 279–95.
  20. ^ BFASS Convention 1840”. List of delegates. JSTOR. 2016年4月28日閲覧。48番にホジキンの名前がある。
  21. ^ Kass & Kass, p. 332–5.
  22. ^ Brunton, Deborah. “Gregory, George”. Oxford Dictionary of National Biography (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/11464.  (Subscription or UK public library membership required.)
  23. ^ Kess & Kass, pp. 487–9.
  24. ^ Kass & Kass, p. 227.
  25. ^ Kass & Kass, p. 167.
  26. ^ Kass & Kass, p. 183.
  27. ^ Kass & Kass, pp. 97–100.
  28. ^ Kass & Kass, pp. 216–7.
  29. ^ Curtin, Philip D. (1973). The Image of Africa: British Ideas and Action, 1780–1850. Univ of Wisconsin Press. p. 331. ISBN 978-0-299-83026-7. https://books.google.com/books?id=d6I665jBV_8C&pg=PA331. 
  30. ^ Curtin, Philip D. (1973). The Image of Africa: British Ideas and Action, 1780–1850. Univ of Wisconsin Press. p. 394. ISBN 978-0-299-83026-7. https://books.google.com/books?id=d6I665jBV_8C&pg=PA394. 
  31. ^ Kass & Kass, p. 313.
  32. ^ Kass & Kass, pp. 393–4.
  33. ^ Kass & Kass, pp. 222–3.
  34. ^ Kass & Kass, pp. 229–33.
  35. ^ Peter Warren Dease; William Barr (23 January 2002). From Barrow to Boothia: The Arctic Journal of Chief Factor Peter Warren Dease, 1836–1839. McGill-Queens. pp. 5–6. ISBN 978-0-7735-2253-4. https://books.google.com/books?id=6VPEh9qYux8C&pg=PA6 2012年5月27日閲覧。. 
  36. ^ Kass & Kass, p. 259.
  37. ^ : Deputy Chairman
  38. ^ Kass & Kass, p. 277.
  39. ^ P. Warren (2007年). “Thomas Hodgkin. 1798–1866. Health advocate for Manitoba Vol 30, No 4 (2007) Supplement”. abstract. Clinical and Investigative Medicine. 2016年4月29日閲覧。
  40. ^ Turner, G. L'E.. “Lister, Joseph Jackson”. Oxford Dictionary of National Biography (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/16762.  (Subscription or UK public library membership required.)
  41. ^ Kass & Kass, p. 141–5.
  42. ^ Hon, Giora; Schickore, Jutta and Steinle, Friedrich (13 February 2009). Going Amiss In Experimental Research. Springer. p. 34. ISBN 978-1-4020-8892-6. https://books.google.com/books?id=67shv9rla6cC&pg=PA34 2012年5月29日閲覧。. 
  43. ^ Greenblatt, Samuel H. (1997). A History of Neurosurgery: In Its Scientific and Professional Contexts. Thieme. pp. 132–3. ISBN 978-1-879284-17-3. https://books.google.com/books?id=QMNfYE8XVXcC&pg=PA132. 
  44. ^ Bracegirdle, Brian (1986). A history of microtechnique: the evolution of the microtome and the development of tissue preparation. Science Heritage Ltd.. pp. 27–. ISBN 978-0-940095-00-7. https://books.google.com/books?id=yrZqAAAAMAAJ&pg=PA27. 
  45. ^ “On some Morbid Appearances of the Absorbent Glands and Spleen”. Medico-chirurgical transactions 17: 68–114. (1832). PMC 2116706. PMID 20895597. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2116706. 
  46. ^ Hodgkin paragranulomaとは”. JST科学技術用語日英対訳辞書. Weblio辞書. 2016年4月29日閲覧。
  47. ^ Edwards, W. F. (William Frédéric), 1777-1842; Hodgkin, Thomas, 1798-1866 (1832) (English). On the influence of physical agents on life. The Internet Archive. http://www26.us.archive.org/details/oninfluenceofphy00edwa 2016年4月29日閲覧。. 
  48. ^ Edwards, William Frédéric (1838). On the influence of physical agents on life. Haswell, Barrington and Haswell. https://books.google.com/books?id=nNlLAAAAYAAJ. 
  49. ^ Baker, Jeffrey P. (1996). The Machine in the Nursery: Incubator Technology and the Origins of Newborn Intensive Care. JHU Press. p. 16. ISBN 978-0-8018-5173-5. https://books.google.com/books?id=jJJxH3euw6cC&pg=PA16. 
  50. ^ Kass & Kass, pp. 192–3.
  51. ^ whonamedit.com, Thomas Hodgkin
  52. ^ "King's College London – Thomas Hodgkin"”. King's College London. 2016年4月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • Kass, Amalie M. and Kass, Edward H. (1988) Perfecting the World: The life and times of Dr. Thomas Hodgkin, 1798–1866, Boston, Harcourt Brace Jovanovic. ISBN 9780151717002

外部リンク[編集]