陳化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陳 化(ちん か、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代にかけての人物。字は元耀豫州汝南郡の出身。長男は陳熾。

生涯[編集]

博識で知られ、気幹は剛毅で身長は七尺九寸(約182センチ)、平素より威容があった。

郎中令となってに派遣され、交渉の席で曹丕は陳化の言辞を奇とし、使命を終えて帰国の際、曹丕は陳化に特別な恩賞を与えた。孫権は陳化が命を奉じて国を輝かせたとして、陳化を犍為太守に任命し官属を置いた。225年顧雍に代わる太常に遷り、尚書令を兼ねた。色を正して朝堂に立ち、子弟に命じて荘園経営を廃止して営利活動を絶やし、官の廩禄を仰いで百姓と利を争わぬようさせた。

また妻の早世した後も再婚することはなかった。初めは壮年のため、孫権は陳化に孫氏の女子を後妻として迎えさせるつもりだったが、陳化は病気を理由に固辞して受けなかった。孫権は陳化の節操さを察知し、この願いを認めた。

70余歳のときに引退を奏上し、居住地である章安に帰り、家で死去したという。

参照文献[編集]

『呉主伝』が引く『呉書