限界収益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

限界収益(げんかいしゅうえき)とは、ミクロ経済における概念の1つで、生産量をわずかだけ増加させたときの、総収益の増加分のことである。即ち、生産量をq、総収益をRとすれば、限界収益は dR/dq で表される。 市場においては、価格は限界費用と限界収益の一致点から導かれる。