阿部達二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 達二(あべ たつじ、1937年5月7日)は、日本編集者著作家。本名は達児

来歴[編集]

青森県青森市生まれ。1961年早稲田大学政治経済学部を卒業。同年、文藝春秋に入社し、編集者として勤務。『文學界』編集長、文春文庫編集長、出版局長、編集局長を歴任した。

1999年、文藝春秋を退職。以後、「阿部達二」名義で著述家として活動。江戸川柳古典芸能に関する造詣が深く、古典文芸に関する作品を多く執筆している。

編集者時代の主な担当作家に藤沢周平がいる。藤沢とはデビュー以来30年以上の交友を持った。後年藤沢やその作品に関する講演を行い、また著作を発表している。

著書[編集]

  • 『江戸川柳で読む平家物語』(文春新書、2000年)
  • 『江戸川柳で読む百人一首』(角川選書、2001年)
  • 『江戸川柳で読む忠臣蔵』(文春新書、2002年)
  • 『藤沢周平残日録』(文春新書、2004年)
  • 『歳時記くずし』(文藝春秋、2008年)