阿倍秋麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
阿倍秋麻呂
時代 飛鳥時代 - 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 正五位下常陸守
主君 文武天皇元明天皇元正天皇
氏族 狛氏→阿倍氏
テンプレートを表示

阿倍 秋麻呂(あべ の あきまろ)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族氏姓は(阿倍)狛朝臣のち阿倍朝臣。阿倍比等古の孫。官位正五位下常陸守

経歴[編集]

文武朝慶雲2年(705年従六位上から三階昇進して従五位下叙爵し、和銅元年(708年)常陸守に任ぜられる。和銅4年(711年)自らの本姓阿倍であるが、かつて用明朝にて祖父の比等古が高句麗に遣わされたことに因んで狛(狛朝臣)姓を号していた。従って狛は本来の姓ではないため、本姓である阿倍(阿倍朝臣)に復すことを希望し、改姓を許された。

和銅8年(715年従五位上に昇叙され、元正朝養老4年(720年)正五位下に至る。

官歴[編集]

続日本紀』による。

出典[編集]