阿倍祖足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
阿倍祖足
時代 奈良時代前期
生誕 不明
死没 不明
別名 意比麻呂
官位 従五位下左京亮
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 阿倍氏
父母 父:阿倍駿河
テンプレートを表示

阿倍 祖足(あべ の おやたり)は、奈良時代貴族従四位下阿倍駿河の子[1]。官位は従五位下左京亮

経歴[編集]

宝亀11年(780年従五位下左衛士員外佐に叙任される。天応元年(781年主馬助に遷るが、翌天応2年(782年駿河守に任ぜられ地方官に転じた。

延暦6年(787年左京亮として京官に復している。

官歴[編集]

続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ 宝賀[1986: 374]

出典[編集]