阿倍爾閇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
阿倍爾閇
時代 飛鳥時代 - 奈良時代
生誕 不明
死没 霊亀2年7月27日716年8月18日
官位 従四位下長門守
主君 文武天皇元明天皇
氏族 引田朝臣→阿倍朝臣
父母 父:阿倍魚主?
馬養、乙庭
テンプレートを表示

阿倍 爾閇(あべ の にえ)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族氏姓は引田朝臣のち阿倍朝臣。阿倍魚主の子とする系図がある[1]。官位は従四位下長門守

経歴[編集]

大宝元年(701年)造大幣司が置かれると三野王と共に初代の造大幣司長官に任ぜられる[2]。従五位上に昇叙された後、和銅元年(708年長門守に任ぜられる。和銅5年(712年阿倍宿奈麻呂の言上により、引田朝臣姓から阿倍朝臣姓に改姓し、和銅7年(714年)には従五位上から三階昇進して従四位下に叙せられている。

霊亀2年(716年)7月27日卒去。最終位階は従四位下。

官歴[編集]

系譜[編集]

  • 父:阿倍魚主[1]
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:阿倍馬養[1]
    • 男子:阿倍乙庭[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 栗原信充考訂「安倍氏系図」『玉簾』所収
  2. ^ このときの位階従五位下

出典[編集]