阿保郁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿保 郁夫(あぼ いくお、1937年 - 2021年9月1日)は、タンゴ歌手で、音楽プロデューサー。本名:阿保 勲(あぼ いさお)。

生涯[編集]

青森県弘前市出身。顔面麻痺の治療中にタンゴに出会い、アルゼンチンの音楽家、リカルド・フランシアフェルナンド・テルに師事する。1961年に、NHK歌の広場』で、タンゴ歌手としてデビューする。1964年藤沢嵐子らと、アルゼンチンツアーに参加する。アルゼンチンRCAにて、録音する。その中の「上を向いて歩こう」をタンゴアレンジした「SUKIYAKI(Naranjos en Flor)」がアルゼンチンにて空前の大ヒットとなる。アルゼンチン作詞家作曲家協会の特別顕彰を受けることとなる。1966年、『坂本政一とオルケスタ・ティピカ・ポルテニア』と共に、アルゼンチン、アメリカ、ヨーロッパ等に演奏旅行した。1975年より、プロデューサーとして、タンゴやフォルクローレのレコード作製に、たずさわる。NHK金曜時代劇山田風太郎 からくり事件帖-警視庁草紙より-」の主題歌「風のタンゴ」を歌う。なお、アルゼンチンのインターネットサイトのTodoTangoでは、タンゴ歌手として、項目があり "A lo Megata"(ア・ロ・メガタ)という日本向けオリジナルのタンゴの歌がある。

その後病を得て引退した。最後のレコーディングは2001年に行われ、これ以後の音源はない[1]。2021年9月1日午前11時26分、誤嚥性肺炎のため東京都内で死去[2][3]。84歳没。

CD[編集]

  • 明日は船出(インディペンデントレーベル 1997年2月8日リリース) ASIN: B003AMI9DA
  • 風のタンゴ (ビクターエンタテインメント 2001年10月24日リリース ) ASIN: B00005Q7XT

脚注[編集]

  1. ^ 脳梗塞の治療を続けたのですが”. docsplayer.net. docsplayer.net. 2021年9月28日閲覧。
  2. ^ “タンゴ歌手の阿保郁夫さん死去 84歳 本場アルゼンチンで公演”. 毎日新聞. (2021年9月7日). https://mainichi.jp/articles/20210907/k00/00m/040/244000c/ 2021年9月8日閲覧。 
  3. ^ “阿保郁夫さん死去 タンゴ歌手”. 時事通信社. (2021年9月8日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2021090800870&g=obt/ 2021年9月8日閲覧。 

外部リンク[編集]