関谷雲崖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関谷 雲崖(せきや うんがい、1880年明治 13年)- 1968年昭和43年))は、大正-昭和時代の日本画家 [1]

経歴・人物[編集]

1880年明治 13年)栃木県那須郡黒羽町河原(現:栃木県大田原市河原)に生まれる[1][2]。日本南画界の大家である小室翠雲に師事[1]文展入選3回、帝展入選4回など活躍し、1929年(昭和4年)には日本南画院院友となった[2]。同じく日本画家の横山大観と交流があった[1]。息子は画家の関谷陽(1902-1988)[3]

主な作品[編集]

  • 渓山新緑図
  • 祖家の秋
  • 那須野春色

脚注[編集]

[ヘルプ]