長谷川初音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 初音(はせがわ はつね、1890年(明治23年)5月15日 - 1979年(昭和54年)2月18日)は、日本組合基督教会の最初の女性牧師であり、讃美歌作家でもある。

1890年(明治23年)に長崎県平戸に生まれる。1915年(大正4年)に東京女子高等師範学校文科を卒業し、音楽科の無試験検定を取り、27年間学校教育に従事する。特に、神戸女学院で宗教主事を永く務めた。

牧師になるために、日本組合基督教会に嘆願書を提出したが、2回も却下された。1935年にようやく受理され、牧師試験に合格する。そして、按手礼を受けた。

1926年(大正15年)に芦屋打出教会を設立する。1949年に芦屋浜教会を設立する。また、六甲キリスト教会も設立する。

著書[編集]

  • 『エパタ』

作詞[編集]

  • 『ほがらかに』(青年讃美歌:1941)

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大辞典』教文館、1988年