鐙屋智幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鐙屋 智幸(あぶみや ともゆき、1972年5月12日 - )は、日本のプロソフトダーツプレーヤー。プロソフトダーツ「PERFECT」所属。

経歴[編集]

菅長学園、習志野市立袖ヶ浦西小学校習志野市立第三中学校関東第一高等学校卒業

小学校3年生からサッカーをはじめる。中学三年時、ポジションはキーパーで千葉県中学総合体育大会で3位に入賞し、準決勝まで無失点であった。

中学校サッカー部の一つ上先輩に庄司孝(デッツオーラ島根監督)、一つ下の後輩に高田昌明(y.s.s.cコーチ)がいた。

2015年、プロソフトダーツライセンス取得。

フットサルでの怪我に影響で腰椎間板ヘルニアを発症し、2009年に手術をする。その後フットサルを引退しストレス発散を目的にダーツを始める。趣味が高じて2015年にソフトダーツプロトーナメント「PERFECT」の認定試験を受ける。同年プロライセンスを取得。現在に至る。

戦績[編集]

アマチュア時代

 2011年 レボリューション2011 ブロンズクラス 千葉県2位 関東大会予選敗退

プロ(PERFECT)

 2015年 3戦出場 全予選敗退

 2016年 6戦出場 最終戦にて3勝1敗で初の予選突破

 2017年 11戦出場 全予選敗退

外部リンク[編集]