鏡川四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鏡川 四郎(かがみかわ しろう、1911年7月1日 - 没年不明)は昭和時代の大相撲力士二子山部屋所属。本名は西山四郎。最高位は十両12枚目。

経歴[編集]

高知県香美郡野市町(現香美市)出身。同郷の元前頭土州山役太郎の二子山部屋に入門。1928年10月に初土俵を踏む。1941年1月十両に昇進。十両は3場所つとめたが、いずれも大負けして勝ち越すことができなかった。1945年11月で廃業した。

改名[編集]

土佐光→鏡川

参考文献[編集]

小池謙二『大相撲星取大鑑』昭和編第1巻、医聖社、1986年

関連項目[編集]