鍋島清房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
鍋島 清房
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正10年(1513年[1]
死没 没年不詳
改名 孫四郎(通称)、駿河守 (受領名
別名 剛意([2]
主君 龍造寺家兼隆信
氏族 鍋島氏
父母 父:鍋島清久
兄弟 清泰清房
正室:華渓(龍造寺家純の娘)
継室:慶誾尼龍造寺胤和の娘、龍造寺周家正室)
信房直茂、、小河信俊龍造寺康房

鍋島 清房(なべしま きよふさ)は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。肥前龍造寺氏の家臣。

生涯[編集]

早くから龍造寺家兼に仕え、父や兄とともに、家兼の重臣として活躍した。

享禄3年(1530年)の田手畷の戦いにて父・清久や野田清孝と共に赤熊武者を率いて大内氏を破る事に貢献した。その功により清房は、家兼の嫡男・龍造寺家純の娘婿となることを許される。 家兼の信任も厚く、特に家兼が馬場頼周に追われて筑後蒲池鑑盛のもとへ逃げ、その後に挙兵したとき、清房は少弐氏が頼周を助けられないように一揆を煽動すると言う知略を見せている。

天文15年(1546年)に龍造寺隆信が還俗し水ヶ江龍造寺家の当主となったが、清房はこの相続に反対であったようで、相続後もなお難色を示したため龍造寺本家の家老・龍造寺家宗により諭されている[3]。だが隆信が、天文17年(1548年)に龍造寺本家を継ぐ際にはその後見役となった[3]

天文17年(1548年8月11日に家純の娘である正室が死去するが[2]弘治2年(1556年)に隆信の母・慶誾尼が押し掛ける形で後室に入っている[4]

後に子の直茂に家督を譲り隠居。天正12年(1584年)の沖田畷の戦いの際には村中城の留守を守り、子の直茂の生還を知りひそかに喜んだとされる。

天文21年(1552年)、高伝寺を創建。ここはのちに鍋島氏の菩提寺となる。

脚注[編集]

  1. ^ 吉永正春著 『九州戦国の女たち』 (海鳥社 、2010年 ISBN 978-4-87415-794-7) の「慶誾」の項目内の記述より逆算
  2. ^ a b 『北肥戦誌(九州治乱記)』の記述
  3. ^ a b 川副 博著 日本の武将45 『龍造寺隆信』(人物往来社1967年
  4. ^ 『肥陽軍記』には記述があるが、『北肥戦誌』には見られない

関連項目[編集]