錨山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イカリ山
Sannomiya-nightview.JPG
イカリ山 夜景
標高 292.0 m
所在地 神戸市中央区神戸港地方
位置 北緯34度42分11秒
東経135度10分49秒
山系 六甲山系
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

イカリ山(いかりやま)は、六甲山地西部、神戸市中央区西部にある。「錨山」とも綴る。

南麓を飾る形の電飾は、東隣の市章山の神戸市章と共に神戸のランドマークである。

地理[編集]

市章山と並んで再度山の前衛を成す。一帯は神戸の代表的ハイキングコースの一つ。山頂を再度山ドライブウェイがかすめる。市街地寄りの諏訪山には、ビーナスブリッジがある。

歴史[編集]

1903年明治36年)、神戸港観艦式が催された。明治天皇も親閲になったが、市内の学童数百人がお迎えすべく、この山の南麓で錨形に並び日の丸を振った。4年後の1907年に当山を「錨山」と命名することになり、錨をかたどってを植樹した。1981年昭和56年)からは風力発電及び太陽光発電を用いて電飾を開始した。

電飾[編集]

通常は乳白色だが、特別な日にはを表徴するマリンブルーで電飾される。マリンブルーになるのは 国民の祝日ヴィッセル神戸が勝利した日、神戸まつりのメインフェスティバルの日など。

交通[編集]

外部リンク[編集]