市章山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市章山
Sannomiya-nightview.JPG
市章山 夜景
標高 275 m
所在地 神戸市中央区神戸港地方
山系 六甲山系
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

市章山(ししょうざん)は、六甲山地西部、神戸市中央区にある。 神戸市章をかたどった南麓の電飾は有名で、西隣の錨山(碇山)の錨形と共に神戸のランドマークとなっている。

地理[編集]

碇山と並んで再度山の前衛を成す。神戸市では代表的なハイキングコースの一つ。

歴史[編集]

1907年明治40年)、神戸港起工式を記念し、神戸市章の形に植樹した。同年に西隣の碇山も、錨形の植樹がなされている。1933年昭和8年)に市章形を初点灯。以後毎年「みなとの祭」(神戸まつりの前身)の開催時のみ点灯されていた。第二次世界大戦前後の数年は中止されていたもののやがて復活。1967年(昭和42年)の神戸港開港百周年を機に、夜間電飾を恒常化した。2003年から地球温暖化防止を表徴し、電飾を電球から省エネタイプの発光ダイオードへと変更し、現在に至る。

なお神戸の市章は、「神戸」を歴史的仮名遣で表記した「ウベ」に因む。1907年(明治40年)に制定された。

外部リンク[編集]