鋳方末彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鋳方 末彦(いかた すえひこ、1894年 - 1976年)は、日本の植物病理学者。農学博士

経歴[編集]

熊本県下益城郡小野部田村(現・宇城市)生まれ。八代中学校(後の熊本県立八代中学校・高等学校の前身のひとつ)卒業。

1916年大正5年)鹿児島高等農林学校卒業。農商務省福岡県農事試験場、岡山県農事試験場を経て農林省農事試験場技師に。「小麦条斑病に関する研究」で日本農学会賞を受賞。1941年昭和16年)には、「柿の重要寄生性病害に関する病理並びに治病学的研究」で、九州大学より農学博士の学位を授与される。更に「いもち病防除に関する試験研究」で富民協会賞、「小麦縞萎縮病に関する研究」等で農林大臣賞受賞、など多くの賞に輝く。1950年(昭和25年)岡山県立農業試験場長となった。

1962年(昭和37年)に退職後、岡山県顧問、ノートルダム清心女子大学教授、美作女子大学教授を歴任。植物病害に関する研究、農業技術者養成に貢献した。1976年(昭和51年)82歳で没。

主な著書[編集]

  • 果樹病害編(養賢堂、1929年)
  • 柿の病害研究(養賢堂、1942年)
  • 病虫防除相談(朝倉書店、1949年)
  • 食用作物病学(朝倉書店、1949年)
Ikataは、植物の学名命名者を示す場合に鋳方末彦を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]

  • 小川町史編纂委員会 編纂『小川町史』小川町役場(熊本県)、1979年
  • 日外アソシエーツ「熊本県人物・人材情報リスト2007」

関連事項[編集]

外部リンク[編集]